業務用ねじ販売専門店。ネジ1本から販売します。午前注文で当日出荷(一部商品を除く)

現在の位置
> > ロック加工の種類
目次

2-1.ロック加工の種類

事前にネジにゆるみ止めのコーティング加工等を施しておくことを総称して、「プリコート」または「プレコート」と呼んでおり、プリコートは3種類に分かれる。

ロック加工 一回きりの半永久型(ロックタイト・メック・ドライロックなど)

化学反応利用型。
接着剤で固めて固定すると考えるのが近い。

  • 空気が遮断すると固まる、嫌気性接着剤を固着剤としてマイクロカプセルに入れてある。
  • 雄ねじと雌ねじの嵌め合わせ部分を接着剤で固める。シール効果も生まれる。
  • ロックの強度を高強度・中強度・低強度などいくつかに分けてあり、色分けしたりしているが、メーカー毎に色がまちまちで共通性はない。
  • 外さない→高強度
    取り外しすることもある→中強度
    取り外しを必要とする→低強度

ロック加工 繰り返し使用型(エフロック・スリーロック・ナイロックなど)

  • 未反応樹脂利用型。
  • 雄ねじ部分に特殊ナイロン樹脂を融着させる。
  • 特殊ナイロンの強力な弾性反発力により摩擦保持力を発生させ、ゆるみ止め効果を得る。
  • ナイロンナットのゆるみ止め方法と同じ要領と考えるのが近い。
  • 繰り返し使用できる。
  • 大きな径のネジでは一部分でOK。(全周は必要ない。)
  • 調整に便利。
  • 隙間がないのでシール効果がある。

ロック加工 漏れ防止のシール型(ドライシール・シーロックなど)

  • 未反応樹脂利用型。
  • シールテープの代わりと考えたほうが良いです。
  • ねじ部に樹脂を融着させます。
  • ねじ込むと雌ねじによって樹脂が整形され、密着した状態になります。
    このため振動などに対して緩みにくくなります。
    しかし、あくまで漏れ防止のシール効果がメインです。
  • 耐水・耐油・耐薬品。