ロック加工の種類

ネジログ

2-2.ロック加工の種類

関連リンク

嫌気性接着剤(スリーボンド1300シリーズなど)

  • 雄ねじと雌ねじの嵌合の隙間に入り、空気が遮断されると固まる。
  • 高強度・中強度・低強度に分かれる。
  • ロック剤のほとんどがこれです。

溶剤系接着剤(スリーボンド1400シリーズなど)

  • 合成樹脂を主成分
  • 塗布後乾燥して弾性をおび、振動・衝撃に耐性。シール効果も出る。
  • 締め付け時の1~2割り増しのトルクで外せる。
  • M6以下の比較的取り外しの多いねじに適している。

普通の接着剤は好気性。空気に触れると固まります。

表面処理の『防錆用表面処理』

メッキ 防錆力 強 防錆力 中 防錆力 弱
パーカー    
電気亜鉛メッキ    
クロメート    
オリーブ    
ドブメッキ    
ダクロダイズド    
ラスパート    
ステンコート    
ストロンジング    
KMコート    
ポリシール