業務用ねじ販売専門店。ネジ1本から販売します。午前注文で当日出荷(一部商品を除く)

現在の位置
> > メッキの耐食性について
目次

メッキの耐食性について

外観や美観目的で装飾メッキを施しても腐食してしまうと、本来の意味が無くなってしまいます。
元々、耐食性のみを目的として施す表面処理も少なくありません。
 表面処理名  耐食性(赤錆発生)
 ハイブリッドフロンコート(※下地ダクロ) 3000時間 
亜鉛ーニッケル合金+化成皮膜+コート  2000時間 
ラフレ  2000時間 
スズ亜鉛合金  1500時間 
亜鉛ーニッケル合金+化成皮膜  1000~1500時間 
ダクロダイズド  1000~1500時間 
亜鉛鉄合金(白色)
(ストロンジンク白) 
700時間(白錆)
1000時間(赤錆) 
ラスパート  1000時間 
ジオメット・ディスゴ  1000時間 
デルタプロテクト・ドルフレーク  1000時間 
ハイブリッドフロンコート  1000時間 
亜鉛鉄合金(黒色)
(ストロンジンク黒) 
500時間(白錆)
1000時間(赤錆) 
ポリシール  240時間 
亜鉛ーニッケル合金  150~200時間 
ドブ  50~300時間 
三価ホワイト  72~144時間(白錆) 
三価ブラック  48~96時間(白錆) 
有色クロメート  72時間(白錆) 
黒色クロメート  48時間(白錆) 
光沢クロメート  24時間(白錆) 

※下地ダクロ処理は、地下鉄セグメント用ボルト・ナット・ワッシャーの規格です。                                    参考値