業務用ねじ販売専門店。ネジ1本から販売します。午前注文で当日出荷(一部商品を除く)

現在の位置
> > ステンレスへの装飾性処理
目次

ステンレスへの装飾性処理

 テンパーカラー(SCカラー)  ステンレスに熱を加えることで、ステンレス表面に色の変化が生じます。 この色の変化を応用して、温度差管理と技術を駆使する事により、藁黄色(ゴールド)から褐色(茶黒色)のカラー着色をする処理です。SC-1 SC-2 SC-3 SC-4 SC-5の基準色があります。
 テンパーカラー(UCカラー)  ステンレスに熱を加えることで、カラー着色処理します。新日軽向けのホワイト・メタリックに合わせた光沢を押えた色調です。前処理で防錆処理を行う為に耐食性があります。
 薬品カラーSSブラック  黒染めが困難なステンレス向けにアルカリ性の薬品を使用した酸化着色処理です。表面の光沢は、素地の光沢によって異なります。研磨した光沢面は、非常に美しく光沢のある黒染めとなります。
 薬品カラーSSブロンズ
SSライトブロンズ
 ステンレス向けの薬品を使用したブロンズ着色処理です。建築金物やエクステリア関係の色合わせに最適です。耐候性・耐薬品性に優れており、自然環境にも耐えます。摩擦・衝撃に強いです。
薬品カラーSPブラック
SPブロンズ
 マルテンサイト系ステンレスSUS410 SUS430用の薬品を使用した着色処理です。耐食性を向上させる事が可能です。塩水噴霧試験 SUS410 240時間 SUS430 500時間クリアー
 頭部焼付塗装  小ねじ・ボルトの頭部に主にアクリル樹脂系の塗装を吹き付けて、その後、焼付けることにより、密着性を良くした処理です。あらゆる鮮やかな色を付ける事が出来ます。日本塗装工業会の塗料用標準色の色票Noで御指示戴くかサンプル色での色合わせで希望の色を付けられます。