業務用ねじ販売専門店。ネジ1本から販売します。午前注文で当日出荷(一部商品を除く)

現在の位置
> > メッキの耐摩耗性(硬度)について
目次

メッキの耐摩耗性(硬度)について

装飾や耐食性以外で表面処理の目的で求められるものに耐摩耗性(皮膜の硬さ)があります。
機械部品・自動車部品・工具・金型など工業製品に必要とされています。
 表面処理名 ビッカーズ硬さ(HV) 
硬質クローム  800~1000HV 
無電解ニッケル(400℃焼入処理)  800~1000HV 
ニダックス  750HV以上 
装飾クローム  700HV 
無電解ニッケル  450~600HV 
スズ・コバルト  400~500HV 
光沢ニッケル  300~400HV 
亜鉛ーニッケル合金  200~300HV 
亜鉛メッキ  60~90HV 

無電解ニッケル焼入は色調が変わります。下記テンパーカラー参照                                       理論値

 おまけ メッキの耐摩耗性(硬度)について    
テンパーカラーについて 
金属には、それぞれ固有の色があります。酸化膜の厚さによって色調は変化します。加熱温度と加熱時間によって色の違いが出せるようになっています。材質の違いやロットによる違いがあり、その都度、調整が必要です。 

 ※大まかな値です