緩み止め加工/特殊ネジ エポキシカプセルタイプ/アクリルカプセルタイプ/シールタイプ/ナイロンタイプ/合成ゴムタイプなど

株式会社ツルガ ネジ
プライバシーポリシーリンクサイトマップ
ホーム製品情報総合ネジECサイトプレスリリース企業情報お問い合わせ
ネジ類/特殊ネジ
ネジ類/特殊ネジ
カテゴリー一覧
特殊ネジ ソリューション
お客様の声
特殊ネジ専用
お問い合わせフォーム

特殊ネジ特殊ボルトの
開発専門商社株式会社ツルガ


特殊ネジ/特殊ボルト/特殊ナット


邱丞粋繝阪ずEC繧オ繧、繝

ネジ(ねじ)のツルガ

特殊ネジは株式会社ツルガへ


加工処理/緩み止め加工

トップページ > 製品情報  > ネジ類/特殊ネジ > カテゴリー一覧  > 加工処理/表面処理


加工処理/表面処理

建築用ネジ建築用ネジ

名称
説明
ユニクロ

【別称】
光沢クロメート
青(白)色クロメート
白メッキ
光沢クロメート処理(1種)
ごく一般的なメッキの代表です。正しくは光沢クロメートメッキ。耐食性は有色クロメートより劣ります。
下地に電気亜鉛メッキを貼りフッソ化物を含んだ溶液でクロメート処理を施します。クロメート被膜はシルバー色です。皮膜の主成分はクロム酸クロムで組成割合の低い処理剤で光沢を得たもので、青銀白色ですが、その組成割合によって、色調は変化する
クロメート

【別称】
有色クロメート
有色クロメート処理
(2種)
ユニクロと並んでごく一般的なメッキです。一般的に単にクロメートと言った場合、有色クロメートを指します。
下地に電気亜鉛メッキを 貼り、その上に化成処理であるクロメート処理を施します。皮膜の主成分はクロム酸クロムで、その組成割合によって、色調は変化する、塗装の密着も良い。近年環境問題で六価クロムを使用している関係で実質このメッキは対応不可となります。
ニッケル

【別称】
(銅下ニッケル)
装飾用に広く用いられるメッキで、表面は銀色~やや少し黄色味がかった輝く光沢を持ちます。耐食性と外観を向上させる為に、下地に銅メッキや下地用ニッケル メッキを貼り、その上に光沢剤入りのニッケルメッキを貼ります。ニッケルめっきの特性はめっきを2層3層と重ねると、防錆、防食が増していきます。この特性をいかして、ねじ・自動車部品・精密部品、など数多く使われています。ただし、空気中でわずかに変色するので、美観の保持に役立つクロムめっきを利用されることもある。
一般ねじの標準品は下地用銅メッキ+ニッケル メッキ。
無電解ニッケル

【別称】
カニゼンメッキ(商標名)
溶液中での還元反応を 利用して品物の表面にメッキ金属を析出させる処理法です。ニッケルとリンの合金メッキで、ニッケルメッキと同様な仕上がりですが、メッキ厚が均一で袋状のような複雑な形状の細部にもしっかり付着することから、特に精密機械の部品に使われます。また非金属にもメッキでき、加えて多くの機能的特性、電気的特性、物理的特性が評価されて、様々な分野で利用されている
クローム

【別称】
ガラクローム
(クローム3号)
通称ガラクローム。正しくはクローム3号メッキ(研磨加工なし品)。一般にはクロームメッキと呼ばれており、ピカピカして冷たくシャープな感じで、最も金属感のあるメッキです。クロームは灰色がかった白色の金属で、磨くと高度の光沢が得られ、まためっき表面が硬く耐磨耗性、耐食性、耐熱性、密着性に優れています。
ガラクロームメッキとして市販されている、ねじの標準品は2種類あり、ニッケル メッキ+クローム3号メッキの場合と下地用銅メッキ+ニッケル メッキ+スズコバ(クローム代用)がある。
バフクローム

【別称】
クローム2号メッキ
美観をさらに向上させるためメッキ前にバフ研磨をかけ、素地の表面を滑らかにしてから、クロームメッキを施します。外観を重視した装飾用メッキとして利用され、光沢は最良で鏡面の様なシルバー色に仕上ります。一般ねじでは、一部つまみねじを除いては、その都度の対応が多く、一般標準品としては在庫はしてない。
コバルト

【別称】
スズコバメッキ、スズコバルトメッキ、錫コバルトメッキ
クロムめっきの代替めっきとして広く使用されています。すずとコバルトの合金被膜で、皮膜が白色光沢で、わずかに青みがかっておりコバルトが増加すると黒味を帯びる。クロムより柔らかく耐磨耗性では劣ますが、耐変色性は良好で、量産が安価で可能です。ツマミ、スイッチなどの音響部品、事務用品、装飾品などに使われています。市販品のねじとして、スズコバを一般的にクロムめっき品てして販売されている所も多くあり、用途に応じて確認が必要である。
ステンコート

【別称】
ステンコート
(ジンロイ+Kコート)
亜鉛-ニッケル合金メッキのジンロイの上に光沢クロメート処理をして、その上に無色透明の防錆コーティング剤のKコートを施します。 見た目も耐食性もステンレスのようになるので「ステンコート」と呼ばれています。黒色の「ブラックコート処理」もあります。 ステンレスの焼き付防止用コート処理と混同されやすいので注意が必要です
真鍮

【別称】
黄銅メッキ(真鍮めっき)
電気めっきの下地にニッケルメッキを貼り、その上に黄銅を貼ります。黄銅は銅と亜鉛の合金です。金と色合いが似ているので、これを代金メッキと呼ぶ人もいますが、金と比べて黄色っぽい色です。装身具、照明器具、雑貨などに使われています

本金

【別称】
本金メッキ

電気めっきの下地にニッケルメッキを張り、その上に本物の金を張ります。金は錆びませんので、価値ある装飾品にも利用されています。また金は装飾以外に電気や熱を良く通す為、電気部品に良く使用され、特に電池の接点などには、金めっきよりも厚くつき、均一電着性に優れている、硬質金めっきが施される。

代用金

【別称】
代用金メッキ

電気めっきの下地にニッケルメッキを貼り、その上に黄銅よりも銅の比率が高い銅と亜鉛の合金を貼ります。黄銅メッキに比べ赤みがあり、より本物の金に近い色合いに仕上ります。

グリーン

【別称】
オリーブメッキ
(グリーンクロメート)

電気亜鉛メッキ後、リン酸系の溶液でクロメート処理をすると自然と緑色になります。亜鉛+クロメートのメッキの中では最も 耐食性が良好です。密着性が良く、塗装下地用にも使われている。

黒色クロメート

【別称】
アエン黒
クロクロメート

通称 アエン黒メッキとも呼ばれています。下地に電気亜鉛メッキを貼り、硝酸銀などを含んだ溶液でクロメ ート処理をすると黒色になります。 比較的安価に黒色のメッキができるため広く利用されています。 耐食性は有色クロメートや光沢クロメートより劣ります。「酢酸系」と「燐酸系」があり、「酢酸系」は仕上がりは綺麗ですが 耐食性が悪く、「燐酸系」は耐食性は良いが色が悪い。 弊社の物は酢酸と燐酸を混ぜ、中間をねらっています。

黒ニッケル

【別称】
黒ニッケル

下地用ニッケルメッキを貼り、その上にニッケルメッキを貼り、さらに その上に黒色の亜鉛-ニッケルの合金メッキを貼ります。めっき直後の皮膜はもろくて光沢がないため、一般的には膜厚2μm以下でラッカー仕上げをしたものが、利用されています。耐食性はニッケルメッキとほとんど同等です。

黒クローム

【別称】
黒クローム

重厚な漆黒調の色調が得られます。下地用ニッケルメッキを貼り、その上にニッケルメッキを貼り、さらに その上に黒色のクロムメッキを貼ります。 タコ掛けと呼ばれる1本づつ吊す方法でメッキをします。そのためコスト高です、耐磨耗性に乏しいので、磨耗を伴う部品には不向きですが、耐食性は良く塗装などほかの黒色化に比べて、耐久性のあるめっきです。

パーカー

【別称】
パーカー(黒染め)

表面を化学的に処理して皮膜を生成させる代表的な化成処理の方法で、「黒染め」及び「パーカーライジング」の総称で「黒染め」は四酸酸化鉄皮膜で「パーカーライジング」は燐酸塩皮膜である。どちらも油っぽくベタつきがあり、防錆力はかなり劣る、特に防錆油が無くなるとほとんど防錆力はなし、より色が黒いのは「黒染め」の方で「パーカーラジング」はやや茶色っぽい。「パーカーライジング」は表面がナシ地になる為、通常塗装の前処理として行われる。現在市販品はほとんど黒染め品です

【別称】
銅メッキ、CUメッキ

銅は酸素を含んだ水により簡単に腐食される弱い金属で、銅めっきを単独で使う事は装飾めっきでは、ほとんどありま せん。一般には銅メッキの上にニッケルメッキ、さらにその上にクロームメッキなどの下地用として利用されています。工業用の銅めっきは、特に通電性および均一電着性を生かして広く利用されています。その他、古代色メッキを表現する方法として、銅メッキの上に変色防止用の透明塗装皮膜を施して銅色の表面処理とし てのメッキに用いられる場合もあります。

GB

【別称】
茶ブロンズ(GBメッキ)

いわゆるGBメッキ。 GBメッキは鉄とステンレスでは処理方法が違い、鉄の場合、下地 に銅メッキを貼った後、特殊な薬品で色づけ研磨をします。 ステンレスの場合は熱処理によりステンレス自体を変色させます。

赤メッキ

【別称】
赤色クロメートメッキ
(赤アエン)

下地として亜鉛メッキを施した後、クロメート処理の時に特殊な染料溶液に浸漬し、被膜を赤色に付け、最後にクリアコーティングする。耐食性に優れ耐光性もよく、建築金物、弱電部品等の使用され、また部品の識別や、装飾目的にもに使われている。

青メッキ

【別称】
ブルーカラーメッキ

コンクリート用ねじ ピーレスアンカー・ビスコン用メッキ

ダクロダイズド

【別称】
ダクロメッキ

グレー系の仕上がり色です。亜鉛とクエン酸を含んだ処理液に漬けて浸漬塗装した後、加熱し素地に焼き付けます。電気亜鉛メッキと比べ耐熱性(400℃まで)・耐食性・防錆性・塩分にも優れています。また工程中塩酸処理を行わないので、もろさの原因となる水素脆性の心配がない。素地は鉄・非鉄金属・軽金属およびそれらの合金類等、広範囲のものが出来る。

ラスパート

【別称】
ラスパート処理

電気亜鉛メッキを処理後、密着性を良くするための化成処理をして、セラミック材を浸漬塗装した後、加熱してから素地に焼き付けます。 耐食、耐熱性に優れています。特に耐酸性、耐アルカリ性に優れているため屋外用品に適しています。

DISGO

【別称】
DISGO

純度の高い亜鉛末を主成分とする防食性に優れたエポキシ系ベース塗料と、上塗り塗料から施される表面処理で仕上りはグレー色。耐薬品性・耐候性・ 耐食性(1000h以上)・耐熱性(300℃)に優れ、特徴として処理工程中での、酸の使用がなく電解工程も無いため、高張力ボルトなどのもろさの原因となる、水素脆性の心配もなく、さらに有毒なクロムを使わない、ノンクロムタイプというという点で自然と人間にやさしい高耐食性防錆用表面処理です。

ドブ

【別称】
溶融亜鉛、ドブメッキ
(天ぷらメッキ)

亜鉛や錫、アルミなどの比較的低融点の金属を溶解した層の中に商品を入れ、それぞれの金属皮膜を付着させるもので、メッキ層と品物との密着性が優れ、剥離が殆どなく鉄鋼部品の防食用として用いられています。電気メッキと比較すると、表面粗さ、外観が劣りますが、メッキの皮膜が厚く耐食性、耐久性に優れています。  ドブとは、溶融亜鉛の槽をドブにたとえ、そこに浸漬する事からこう呼ばれています。また高温の液のなかで天ぷらの衣のようにメッキが着くことから、「天ぷらメッキ」と呼ばれたりもします。一般的にドブ(づけ)といった場合、溶融亜鉛メッキを指します。ネジ類に関しては皮膜の厚さゆえ、ナットはオーバータップにするなどの注意が必要です。

三価クロメート

【別称】
3価クロムクロメート、
3価ホワイト

表面処理に多く使用されている有害の6価クロムに代わって、毒性の少ない「3価クロムメッキ」の中で代表的なメッキです色調はユニクロメッキとほぼ同色の白色です。  「3価クロムメッキ」とは3価クロム塩を主成分とするため毒性は無く、廃水処理も簡単のため最有力の「6価クロムフリー」です。
将来的にはクロム化合物を一切使用しない「ノンクロム」処理と考えられます
尚素材のクロム(Cr)自体は無毒で、SUSに含まれるクロムも無害です。

三価ブラック

【別称】
3価クロムブラック

表面処理に多く使用されている有害の6価クロムに代わって、毒性の少ない「3価クロムメッキ」の黒色メッキです。  「3価クロムメッキ」とは3価クロム塩を主成分とするため、毒性は無く、廃水処理も簡単のため最有力の「6価クロムフリー」です。
将来的にはクロム化合物を一切使用しない「ノンクロム」処理と考えられます
尚素材のクロム(Cr)自体は無毒で、SUSに含まれるクロムも無害です。

ステン黒色

 

ホワイト
ブラック
艶消ブラック
アイボリー
グレー

ネジは締付け後には、見える部分は頭部だけという事が多いため、頭部のみ焼付け塗装します。頭部に上から塗料を吹き付け、加熱して密着させる焼付塗装をします、ネジ部に塗装がかかるとねじが入らなくなることがあります。

弊社では、上記のような「緩み止め加工」を承っておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。





ねじ/特殊ネジ/特殊ボルトのことは特殊ネジと特殊ボルトの開発専門商社株式会社ツルガへ

本Webサイト内のコンテンツ・文章画像などの著作権は、株式会社ツルガに帰属します。一切の無断転載・転用を禁ず。
Copyright (C) Tsuruga corporation All rights reserved.
総合ネジECサイト
[X]CLOSE