超低頭のねじ

超低頭のねじ

超低頭のねじの購入はこちら

特徴

座金がネジの特徴

ねじ頭を出っ張らせたくない場合、通常は皿頭のねじを使います。しかし、部材にザグリ加工が必要なため、部材が薄かったり加工できない場所には使えませんでした。そこで、頭を低くした低頭のねじが開発されました。
超低頭のねじは、さらに頭を低くしたもので、頭の高さはM3で0.7mm、M5でも1.2mmほどしかありません。加工の手間なく頭を低くでき、見た目もすっきりさせることができます。

超低頭のねじの購入はこちら